Home > 地上デジタル(北九州・行橋)

地上デジタル(北九州・行橋) Archive

行橋デジタル中継局に予備免許交付

6月29日付けで九州総合通信局より行橋デジタル中継局に予備免許が交付されました。
報道資料
資料によると7月31日よりID付きサイマル放送が開始される予定です。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

難視聴地域での北九州局受信

旧宇佐市内でも多くの難視聴地域があり、今回の地域も中津局以外は満足に受信できない地域になります。
場所は下記の地図をご覧下さい。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&ie=UTF8&z=17&ll=33.525959,131.370027&spn=0.006458,0.013497&om=1

地図中央の交差点付近にて受信を試みました。戸建ての平屋です。屋根上の地上高は6m程度でしょうか?
受信機器はUBL-62DA→UB33AG(ブースタ)→3C同軸ケーブル10m程→AQUOS LC-20EX1にて確認しました。受信日時は2月4日、午後4時頃です。
受信結果は次の通り
27ch(TVQ)・・・13
29ch(TNC)・・・18
30ch(RKB)・・・13
31ch(KBC)・・・13
32ch(FBS)・・・12

受信レベルが低く受像には至りませんでした。この状態でアナログ放送の23ch(TVQ)や35ch(FBS)を視聴しましたが、5段階評価の3程度で十分視聴できるレベルでした。
アンテナを垂直にし、行橋局のアナログ放送も見てみましたが同様の映りでした。

続いてアンテナを山口親局(大平山)へ向けて受信を試みました。
13ch(NHK-E)・・・53
16ch(NHK-G)・・・75
18ch(tys)・・・48
20ch(KRY)・・・38
26ch(yab)・・・54

KRYのみブロックノイズが出ましたが、他は受信可能でした。

この周辺ではVHFのアンテナが多く設置されており、北九州V局を受信しているようですがデジタルでは無理そうです。アナログ停波に向けて多くの苦情が出るのではないでしょうか?

北九州(皿倉山)中継局、本日よりフルパワー送信へ

去年12月22日の記事でお伝えした通り、本日より北九州(皿倉山)中継局がフルパワー送信になりました。

これにより当方でも受信レベルの向上が確認できました。
午前3時半にチェックしたところ、RKB(30ch)以外は既に増力されていました。
その後RKBが放送開始した午前5時にレベルの確認が取れました。

増力前(1月12日)→増力後(本日午前5時)
27ch(TVQ):18→44
29ch(TNC):22→45
30ch(RKB):27→50
31ch(KBC):26→48
32ch(FBS):21→47
40ch(NHK-G)0→0
42ch(NHK-E)0~7程度→12

UBL-62DA(アンテナ)→N-35U(ブースタ)→ブースタ電源部→2分配器→TH-32D60(テレビ)と接続しています。

今回の北九州局増力については
関門・山口の地デジ受信情報さんのブログでも詳しい報告がされました。

ホーム > 地上デジタル(北九州・行橋)

スポンサード リンク

Return to page top